03
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

道具のこと

私が使っているクイリングの道具についてたまーにご紹介していきます。

クイリングって細長い紙をクルクル巻いてお花やミニチュアなどを作るクラフトです。

あっ…ご存知ですね。

今日はそのクルクルするための道具です。

基本的には2種類。

スロットツールとニードル。

スロットツールは先が2つに割れていて紙を挟み込んで巻くタイプ。
ニードルは先が針状のタイプ。

好みによりますが私はニードル派です。

私の師匠がニードルを勧めてくれたので、なんの迷いもなくニードルを使い始めたんですけどね。

巻きつけるのにちょっとコツが入りますが慣れてしまえばニードルの方が楽かな?と思います。

糊付けにも使うし、ペーパーの印しつけにも持ち替えることなく使用。
あと、スロットツールだと紙の巻始が折れて、“の”の字みたいになってしまうのも、私は気になっちゃう…

そんな事もあり私はニードル派です。

では、実際に使っているニードルです。


1408333075374.jpg

Lake City Crafts 社の物です。
木のグリップが心地いいです。

1408333091632.jpg

上はQuilled Creations社のニードルです。
が!!!実は先端が違います。
下のもそうなんですが、先端のお手入れをしていたら“スッポッ”と抜けてしまったので、より細い針に付け替えてしまています。
私が一番使っているのはこの2本です。
小さいパーツを作るときは便利ですね。

そしてこちら。

1408333113713.jpg

上はピンバイスといって細いドリル刃を挟んで使うものです。
ホームセンターなどに売っている一番細いタイプです。
やはり縫い針を挟んで使っています。
下は歯医者さんが使う道具にこれまた縫い針を挟んでます。

このタイプは汚れたり、曲がったりしても、先を簡単に変えられることが魅力。
ただ、軸が私には細すぎるのであまり使ってないかな…




紙を巻くのはクイリングの基本の基本。
クイリングの友。
お気に入りを見つけてみてくださいね

スポンサーサイト

プロフィール

ぷく

Author:ぷく
大4♂大2♀の母。

いくつになってもどん欲に!
脛はかじられても心はゆたかに。
今年も何かを身に着けよう!


ボタニカルクイリング・ジャパン(BQJ)認定教室
ペーパークイリング教室 Country Friends 認定教室
PunchBunchJapan 認定インストラクター
LaCheRIBBON 認定インストラクター
グルーデコ®認定講師

ペーパー建築士継続中~
ですが、キッチン等のおうちのお話しお聞きします。


BQJ


代替文字


代替文字

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR